いろいろあったこと

私の布教の話〜3月5日前後の話。

 

私は2月25日ドリフェス!の7人がパシフィコ横浜という大舞台に立つ姿を見に行きました。私は広島で一人暮らしをする大学生です。後期の間ほとんどバイトができないくらい大学の行事で忙しく、夏休みに稼いだお金でツアーに参加しました。そのため、福岡と大阪、そして推しの担当回である愛知に行くのすら限界を迎えそうでした。福岡の時点でパシフィコ横浜のチケットすら持っていませんでした。しかし、福岡での5人を見て壮馬くんの長いMCを聞かないとツアーは終われないと思い、友人に相談し余っていたチケットを譲り受けました。

 

そのチケットを譲ってくれた友人は小学6年生からの付き合いです。高校では部活も同じでしたが、微妙な距離感がありました。

長い付き合いだけど、特別話すかと言うとそうでもなかったんです。しかし、3年生の時同じクラスになったことがきっかけで気づいたら毎日一緒に過ごしていました。アイドルに対して2次元も3次元もなく応援しているその友人に、毎日毎日ドリフェス!の魅力を語り続けました。

よく思い出すのは部活の全国大会に東京へ来た時、同室のホテルで4泊する間、ひたすらアプリをやってもらっていました。

アニメ放送期間は、来週純哉くんがいなくなっちゃう!!!と掃除の時間に友人へ訴え続けたこともありました。

受験を間近に控える中、ハンサムの中継を見るように訴えたのがその子をハマらせるきっかけでした。

ハンサムフェスティバルっていうのが中継されるから見て!!!とりあえず好きな俳優さんたくさん出るから見て!!という形ですすめ、神木隆之介くんが好きだったため見てくれました。

そこで正木郁くんという無邪気な笑顔でカメラに向かってたくさんアピールしてくれる可愛い男の子に落ちたと言います。

 

 

それからは時が流れるのが早かった。

 

受験を終え、自由登校を迎えた時にアプリをたくさんやってくれて、リバーシブル→バレンタインいいねとダンスが好きな友人は踊って見せてくれました。

そこでアルバムの発売。アニメイト松山店まで2人でフラゲをして、次の日には貸したり、語り合ったりとても楽しかった印象です。

当時の私はお小遣いでしか遊べなかったので、アルバムは1枚しか買えませんでした。でも、受験終わり初めてのドリフェス!の現場はファスライがいい!!と思って2枚で応募し無事当選しました。2人で行くことを決めました。

 

その友人は東京の大学へ進学したため、毎回遠征の度にお世話になるようになりました。

 

友人は地方に住む私以上にたくさんドリフェス!の現場へ行き、エールを送っています。自分がすすめたものをここまでハマってもらえることってなかなかなくて、本当に嬉しいです。

 

かつ身近な存在にすすめてよかったと思わされる日を迎えました。

 

2月25日のために遠征をした際、友人が4日に夜行バスに乗り帰省することは知っていました。

 

言い忘れていましたが、私は愛媛県出身です。隣県ですが海を挟むため、少し広島からは遠いです。

 

 

3月3日の深夜、急に6日の大学での用事がなくなりました。そのためにバイトを休みにしていた私に突然の2連休が舞い込みます。

 

私が買ったファスライのブルーレイが遠征に間に合わず一緒に見れていなかったため、このタイミングで帰省すれば見られるじゃん!と思いました。即友人と親に連絡を入れ、帰ることにしました。4日のバイトもがんばれました。

 

4日のバイトのあと、5日の夕方に行けたらいいなくらいに思っていたため、3時くらいまで起きていました。

起きたのは昼12時頃アニメイトチャンネルアプリからの通知でした。寝起きの目に飛び込んだのは緊急生放送の文字。とにかく焦ってTwitterを開くと少し前にアプリとDCD終了の発表。頭が真っ白になりました。

 

わけわからないけど、とにかく帰省の準備をして家を出ました。絶対に21時には実家にいようと思い、余裕を持って家を出ました。結果嵐に見舞われてギリギリになりましたが…

今見返すと終わることとか何も触れてないですね。私のツイート。ただ生放送があるから見なきゃ!という望みだったのだと思います。

 

迎えに来ていた母に21時までに帰りたいと言い続け、なんとかPCの前で待機しました。

 

その時、すごく冷静な自分がいました。涙も一切出てこない。泣かなかった。理解できなかった。消化できなかった。

 

 

Twitterでもたくさん泣いている方を見かけました。あんなに好きなのに私は泣けなかった。でもそれは現実として受け止めてなかっただけなのかもしれません。

 

友人が泣いている姿が思い浮かび、すぐに連絡をとりました。電話をしようともともと言っていたけど、なぜか泣けない自分にイライラしていたので少し待ってもらいました。

電話を受けると涙声の友人の声がしました。いつもなら全く逆なのに、友人は常にポジティブ思考だから逆なはずなのに私の方が明るくて励ましていました。自分でもいつもと違うと混乱していました。

友人が落ち着いたので明日楽しもうねと声をかけ、電話を切りました。

 

 

なぜか楽しそうな自分が。

 

次の日は何も無かったかのようにただ楽しく鑑賞会をしました。

 

別れたあとに急に苦しくなりました。

 

 

アプリのガチャが優しくなって皆さんが楽しそうにスクショを載せるようになったTLには書けず、リア友の見る鍵垢でたくさん思いをぶつけてたくさん泣きました。

 

急に苦しくなりました。私の心の支えがなくなるんです。頑張るための原動力がなくなってしまったら私はどうなってしまうのか。

 

各所に要望を出したいけれど何をどういえば、伝わるのか。分からなくてただただ苦しくて。

 

全く寝られなくて朝7時半に家を出て広島に戻りました。フェリーの中で一つ前のブログを書きました。

 

泣き疲れてただふわふわしている状況で、自宅で仮眠をとってバイトに行きました。

 

したこともないようなミスをただただ繰り返して、自分でも心ここにあらずがわかりました。

 

今私に残る感情は悔しい。です。受験期間でちゃんと見守れない1年があったこと。続けられる力が足りなかったこと。

 

 

今私に何ができるのか全く分かりません。みなさんがこれしましょう!とたくさん書かれているのを見ても、1歩踏み出せないんです。どこにどんな思いをぶちまければいいのか、全くわからないんです。だからブログに書いています。

 

 

とにかく分かることは私にはドリフェス!が必要です。守りたい。私の心の支えを守りたい。大切にしたい。